See You Again!

こんにちは、マリナです。

鹿児島から羽田に向かう飛行機の中で、これを書いています。

 

9日のライブ、突然出れなくなってしまい、ごめんなさい。

予約をしてくれた方、楽しみにしてくれた方、共演の方々、そしてライブを企画してくれた唄芸さん、すいませんでした。

鹿児島に住む、祖父が亡くなり、少しの間、帰っていました。

まだ真夏のように鋭い日差しと、
30度を軽く超えてしまう暑さに、
テレビから流れる台風のニュースがまるでフィクションのように感じてしまうほどでした。そして、ここ数日すべてがフィクションのようでもありました。

たくさんの、想いや、言葉が、浮かんでは消え、消えては浮かんで、を繰り返しています。

でも、思うんだ。

なんだか近くにいるなあ、ということを。

想いや、気持ちや、魂は、繋がっていくんだということを、

いま、この身体で感じています。

ありがとうでいっぱい。

人と人の出会いほどに、たいせつなものはないんじゃないだろうか、と思っています。

というか、それが、人生をつくってるんだと言ってもいいくらい。

そんな風に思っています。

田舎のお通夜やお葬式は、昔ながらのやり方でやります。

夜通し、線香守りをしたり、さまざま。

そうやって、時間と肉体を使うことで、こころもあとから、ようやく、人の死がわかるようになるんだなと思いました。

結局は自分の心が納得するか。

腑に落ちるか落ちないか、そこが全てかもしれない。

まだまだピンとこないんだけれど、
こころのなかのもの、すべてが思い出になるには、しばらくかかるんだろうけれど、ほんとに不思議だなと思うけど、さみしさは、なぜだかほとんどないです。

東京、着いたら寒いんだろうなあー。
半袖のジミヘンのうすいTシャツ1枚に、サンダルのわたしです。へへへ。

13日のツーマンライヴ、いいよるにします。

迷わずお越しください!それと、わたしは、げんきだよ!

ばいちゃ!