ジョイナス~種明かし編~

 

ジョイナス~煮るなり焼くなり~

 

に、来てくださった方、お店の川崎さん、そしてスタッフの方、みなさんありがとうございました。

 

 

 

 

 

来てよかったと思ってもらえていたなら、うれしいです。

 

 

 

共同企画として一緒にやっていた美耶子さん、そしてバンドのリサちゃん、翔平くん、杉ちゃん、ほんっとーーーーーーーに、ありがとう。

 

 

 

 

 

当日はバタバタだったのは言うまでもなく、

 

それまでの準備もばたばただったな。笑

 

 

 

フライヤーも、楽しみにしてくれてた人もいたんですが、紙媒体として配れずにごめんなさいでした。どうも、PC関係に疎く、そこらへん改めなきゃなと思ったのと、得意な人に頼るというのも時として重要だと思いました。

 

 

 

 

 

でも、原画を使って、なにかしら作ってみようかなと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはさておき、当日の状況を書いたとて、それはただの記録でしかなく、面白みに欠けるので、その裏側をちょっと書いてみようかと!

 

 

 

 

 

題して勝手にジョイナス舞台裏編。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来てくださった方はわかると思うのですが、会場に張り巡らされていた布!

 

当初は、絵を描いた布を一枚だけステージにというアイディアがあったのでした。で、布を探しているんだよね、、、という話をリサっぴにしたところ、「持ってるよ」とのこと。

 

 

 

 

 

そして持ってきてくれた布は、想像をこえる素晴らしいもので、大きさと数がもう、さすがだった!!!!!ひゅー!!

 

 

 

これに絵を描こうということになって、池袋の西口にある噴水で、布を全て繋げ(10メートル弱)噴水をぐるり。3周。

 

 

 

 

 

あの時のわくわくや、何とも言えぬ魂の踊り具合は、あの実際の体験からしか得られないと思ったりしている。これについてはまたあとで、ちょっとほりさげる。

 

 

 

 

 

そして、おおきなごみ袋に水を切って入れたなら、

 

アクリル絵の具で、わしゃーっとやっていく。手伝うインドから来た男性一人。Amazing!という、オーストラリアから来たという、クリスチャンの旅行者集団。ありがとう、うれしいわーい。日本人のおばあちゃんも優しく見守ってくれた。

 

 

 

 

 

そんなこんなで、完成。しっかし、水を吸い込んで、10キロなんて軽く超えていて、トランク、重いのなんの。そんな風にして完成したのでした。

 

で、当日また新たに布を持ってきてくれて、ステージがぱーっと真っ赤になりまして、あんな感じになりました。

 

 

 

 

 

その布の上に貼ってあった、絵を覚えていますでしょうか。

 

そう、ジョイナス!の絵。

 

 

 

これは、美耶子さんと二人で、素敵アンダーグラウンド空間にて、でっかいカレンダーの裏に描いたのだ。それが当日みんなのプレゼントのステッカーにへんげしました。

 

 

 

どこかしらに貼り付けてくれたら、うれしいです。おでことかさ。

 

 

 

 

 

 

 

当日の美耶子バンド。かっこよかったですねえ!誰しもがそう思ったんじゃなかろうか?

 

ジャニスの曲はびっくりしたなー。完こぴじゃないか!脱帽だ。

 

 

 

 

 

私たちはと言えば、もうなにがなんだかよくわからなかったですが、すごーく楽しかったな。わたしは私でやりたい放題させてもらったけど、リサちゃんはいつにもまして、さいこーのギター弾いてたなー、弾きたい放題!翔平くんはあまのじゃくだけど、必要なところに必ず音をくれる素敵なドラムで、杉ちゃんは保護者のように坦々と仕事をしていた。笑

 

 

 

楽しんでもらえたでしょうかーーー?

 

 

 

 

 

セットリスト

 

  1. カントリーロード

  2. 私は私よ(高田渡カバー)

  3. バイオレットなパレット(詞、曲 長崎リサ)

  4. 歩き出せ

  5. 列車は行く

  6. 東京

  7. あくびをひとつ

 

アンコール

 

みんなで炭坑節

 

 

 

 

 

 

 

 

 

炭坑節。

 

 

 

どうしてもやりたくなってしまったのだ。

 

どうしても。

 

 

 

タイのシャンバラまつりで踊ってすごーくよかったってのもあったし、

 

例え聴いたことなくても、なんだかあのリズムと歌って、わたしら日本人の根っこや、血の中に流れているように思っている。

 

 

 

そして、それと同時になにより楽しい!笑

 

そんなわけで、ほぼ不可抗力的にみんなに踊ってもらいました。必死にレクチャーしました。前日一人で練習したのだ。夜中3時くらいに。笑

 

ほんっとに、ありがとう!!!感無量だった。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、CD買ってくれた方ありがとうございました。ボーナストラック含め、おすすめの作品なので手に取ってもらえるとすごくうれしいです。

 

 

 

 

 

以上、舞台裏編でした。

 

 

 

 

 

 

 

打ち上げ後。

 

みんななんだかんだで、タクシーや電車で帰ってゆく中、私とリサぴょんはとっくに終電がないので、いつものようにファミレスへ。笑

 

 

 

 

 

いろいろはなしたんだいろいろ。時間が腐るほどあったのだ。笑

 

 

 

 

 

 

 

音楽や、アートや、小説や、生き方や、命について。

 

一緒に音楽をやりたいとか、演奏したいとか、作品を創りたいと思えるのは、

 

その人が創るものや、描く絵にほんとうに感動してるってことが、何より大事な気がしている。だって、ただ技術だけが優れていたりとか、うまい、なんて基準じゃ、ツマラナイもの。りさっぴの絵を見たのは、19歳くらいだったんだけど、もーね、わたしのどまんなかに、どっかーんときたの!

 

あ、HPから見れるから、興味持った方はぜひ見てみてください。

 

 

 

だから、今回みんなで一緒にやれて、とっても嬉しかった。

 

 

 

 

 

ライブで話してたんだけど、

 

 

 

いつも、外で絵をかいたり、歌を歌ったり、噴水で布を染めたりとか、

 

普通はやらない、いろんなことをしているのは、奇をてらって、目立とうとしてやっているわけでもなく、まがいもんの自由を実現するべくやってるわけでもなくて、

 

 

 

いつでも、野心じゃなくて、夢を、心のど真ん中においておきたいの。

 

 

 

 

 

ナスカの地上絵が、ほんとうに人間が描いたのか、わかんないけど、あの絵がすごいのは、そこだと思っているのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

、、、そんなことを話したと思うんだけど、リサっぴがその話に、かんどうしたといってくれたのがわたし、とっても嬉しかった!笑

 

 

 

いつも一緒に、はたから見て普通じゃないことしてるわけだけど、おんなじモチベーションだったんだな、という発見。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、新たなる発見をリサっぴの言葉から。

 

 

 

 

 

 

 

現代アートはどれだけ自分自身に正直になれるか。ってことが大事で、たとえば、今絵を描いているのも実は完成させたいとか、完成させねばならないとか、本当は自分の本心じゃないものに縛られているのではないか、とか、そういう問いにぶつかっていく。

 

現代アートに対する批判でよくあるのが、ただ石を置くだけで何が芸術なのか、とか。鍛錬を重ねて生まれる線で描かれる絵こそ芸術だ、とか。

 

 

 

でも、そうじゃなくて、どれだけ自分自身に正直になれるか。やりたいと思ったことを忠実にできるかという、その部分も、やればやるほどに、磨かれていくものだと思う。鍛錬のなかで鋭くなると。

 

 

 

 

 

てなことを言っていて、私は、めからうろこでした。というか、とりはだたったぞーーー。

 

殴られた気分。

 

 

 

 

 

たとえば、噴水で布を横切らせようとしたけど、人員不足でできなかったりとか。こんなに布が重くなるのか、とか。こんなに冷たいのに、全然寒くない、とか。やらなければ感じ取ることのできない数々。これらすべて。すべてがすべて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あーー種明かししすぎたかな?笑

 

 

 

 

 

舞台裏もいいところ、衣装まで脱いでしまったな。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで、どうぞ、これからもよろしくです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、ひらめきに従って、いろいろやります。

 

 

 

ジョイナスしてくれるとうれしいです。

 

 

 

マリナ